トップインタビュー

今夏からロボット事業に本格参入

株式会社エデックリンセイシステム  代表取締役社長 安田公彦

当社は、知立市に本社がある株式会社FUJIの100%出資子会社です。FUJIグループの一員として、長年蓄積してきた「画像処理」「モーション制御技術」という2つのコア技術を武器に、自社一貫生産体制でお客さまのニーズに合わせた提案をしています。円筒型の部品の内面を360度撮像し破損や傷がないかどうかを調べる円筒内面撮像装置「NOZOC(ノゾック)」といった自社開発製品も展開しています。

中期計画として「Go for 2020 世界に驚きを!!」を掲げ、2020年までに売上高100億円を目標にしてきましたが、2018年度で売上髙100億円超を達成することができました。業績好調な理由のひとつには、親会社の産業用ロボット関連部品の受注が増えたこともありますが、社内工場の生産能力が上がり、大量受注にも対応できたことが飛躍的な売上増につながったのだと思います。

数年前から自社工場の手作業のライン工程で、タブレットを活用したIT化による生産工程の分析や改善をし、生産効率向上を図ってきました。今後は、自社で培ったノウハウを生かし、手作業ラインなど少量多品種の日本のものづくり現場にも対応できるような生産工程改善システムをパッケージ化し、自社開発システムとして販売していくことと、工程設計といったソリューション提案も積極的に行っていきたいと考えています。

今期からロボット事業にも本格的に参入します。8月に豊橋市内に「豊橋ロボットセンター(仮称)」を立ち上げ、営業から設計、製造、アフターサービスまで対応できるような新たな拠点を作ります。産業用ロボット関連としては、親会社の主力製品「スマートウイング」を中心に、他社製のロボットにもさまざまなシステムや設備を付帯させて幅広い顧客ニーズに応えるなど、独自の展開を図っていきたいと考えています。

社長に就任し6月で7年目に入りました。就任以来、社内の一体感醸成のためにイベントを積極的に開催。明るくて自分の意見をどんどん言ってくれるようなタイプが好ましいですが、社内イベントを社員自らが企画・運営する効果もあってか、若い社員は徐々にそういうタイプが増えてきていると感じています。教育にも力を入れており、キャリアごとにプログラムを用意するなど体系的な教育を進めています。

企業の生き残りのためには、他社との差別化が必須です。画像処理とモーターコントロールの技術をあわせ持つという、当社ならでは特長を生かしつつ、まずは新規に立ち上げるロボット事業を1日も早く自社の主力事業として軌道に乗せていくことが当面の目標です。

年に一度の経営方針説明会で今後の方針を説明

バーベキュー大会などイベント時には社員と一緒に楽しみます!

株式会社エデックリンセイステムの先輩にインタビュー

作業改善など日々、やりがいを見つけることにやりがいを感じています!


長谷部義人さん

1生産課・H24Gグループ
年齢 20歳
勤続年数 3年目
主な仕事 基板実装機のヘッド部分製造
出身高校 静岡県立湖西高校
趣味 サッカー
性格 自分ではよくわからない。友だちからも性格が謎と言われる(!?)

入社してからずっと生産部・第1生産課に所属しています。通常、入社後3カ月間は親会社で研修を受けますが、入社した時期がちょうど繁忙期だったので、2週間の研修を経て現在の部署へ配属になりました。

1生産課は、基板に高速・高精度でさまざまな部品を装着するマウンタの先端部分のヘッドを製造している部署です。組み付け作業自体は派遣社員さんが中心になってやっていますが、派遣社員が欠勤の際にはサポートに入ったり、不適合品が出た時には、上司について補正の手伝いなどをしています。また、グループ会社が開発している「アドファクトリー」というシステムに、自社のノウハウを提供して、生産管理を行っており、システムに沿って、生産目標に対する成果物の実績や作業時間など、グループ全員の作業日報を打ち込み、検査成績書を確認するのも重要な仕事のうちのひとつです。グループは17人いるので、その作業だけでも1日の仕事のうちの多くの時間を費やしています。

日々、やりがいを見つけることに、やりがいを感じています。仕事の改善余地はいくらでもあります。自分で工夫して作業を進めることで仕事の効率化ができたりすると、大きなやりがいにつながりますし、ほかにもっと改善できる点はないか、と常に考えながら仕事に臨んでいます。

ヘッドの製造工程だけでも11工程あります。今後さらに全工程をよく把握し、それぞれの部品や製品知識を深めていくことが目標。いずれはグループのリーダーになれるように頑張りたいです。

Q&A

この仕事を選んだきっかけ
昔からものづくりが好きで、小さいころからずっと製造関係の仕事につきたいと考えていました。年間休日や通勤時間など、仕事のしやすさなども考慮した上で、当社に入社することを決めました。
社内の雰囲気、社内イベントなど
オンとオフの区別がしっかりしている会社だと思います。昼休憩は12時からで、13時から社内清掃時間なのですが、みんな5分前には掃除を始めています。お昼時間はみんな和気あいあいとくつろいでいます。
現役高校生へメッセージ
小学生のころからパソコン教室に行ってキーボードを普通にさわれたので仕事上、苦労はしませんでした。エクセル、ワード、パワーポイントなど仕事で使うことが多いので、パソコンを少しでも使えるようになっておくといいと思います。

タイムスケジュール〜1生産課・H24Gグループ編

AM 08:30 朝礼 ※グループ内でその日の作業などを確認
AM 08 :  45 生産作業開始
PM 12:00 昼休憩
PM 13:00 昼休憩終了、社内清掃開始
PM 13:10 清掃終了、生産作業再開    
PM 17 : 30 終業
PM 17:45 退社

製品として活用されると想像できた時に達成感があります!


白井 さん

第1生産課・H系ヘッドグループ
年齢 21歳
勤続年数 3年目
主な仕事 マウンターのヘッド部分の組付、検査
出身高校 県立 豊川工業高校・情報システム科
趣味 音楽、テニス
性格 おとなしい

親会社での研修後、1年目は二川工場で制御盤のボックスの最終検査と組み付けを行っていました。2年目から現在の第1生産課で、基板に部品を装着するマウンターのヘッド部分の組み付けと検査を行っています。

1生産課は当社の主力製品であるヘッドを製造していますが、同じヘッドでも装着する部品の大きさや形状で機種が違うので、4つのグループと検査に分かれています。その中で僕は、まだ最近できたヘッドの製造のグループに所属。組み付けの生産工程に入ったり、完成したものをエアーが正常に出ているかなど、製品をチェックする検査をしたりしています。検査で不具合が出た場合、リーダーに報告してから、不具合に対処することもあります。

自分が作ったヘッドが稼働しているところを直接見る機会はありませんが、1階の実装検査をする場所で、最終検査機器に、実際に組み込まれてヘッドが動いているのを見ることがあります。そうすると、自分の作ったものがお客様のところで使われていることが想像できて、達成感とともにうれしく感じます。

まだまだ覚えることがたくさんあるので、まずは今の仕事を全部しっかりと覚えることが当面の目標です。自分的には、二川工場で携わった制御盤を作ることがおもしろいと感じたので、いずれ制御盤の製造に携わることができたらいいなとも思っています。

Q&A

この会社を選んだきっかけ
高校の求人票に、精密機器の組み付け、検査等と書いてあったことに興味を持ちました。後日、会社見学に行った時、実際に機器が動いているのを見て、さらに興味が広がり、もっと詳しく知りたいと思い、この会社に入ろうと決めました。
社内の雰囲気やイベントなど
社内は和気あいあいとしていて毎日楽しく仕事ができています。上司や先輩方の指導もとてもていねいです。ミスをしてしまった時も、「次からはこうした方がいいよ」と、防止法などを細かくアドバイスしてくれ、ていねいにフォローしてくれるので助かります。
ひとことでどんな会社?
イベントが多く、イベントを通じて他部署の人たちと交流ができます。人脈もつながり、仕事がやりやすくなると感じています。
現役高校生へメッセージ
エクセルやワードなど、パソコンはある程度のソフトを使えるようにしておくといいと思います。資格も1つ、2つぐらいはとっておくと良いと思います。僕自身も、二川工場に出向いていたころ、電子機器組立3級を持っていたので、検査治具を直す時に役立ちました。

日々成長を感じ、意識ひとつで仕事の進め方が変わることを実感


小崎 翼さん

第1生産課・装着検査グループ
年齢 19歳
勤続年数 2年目
主な仕事 組み立てたヘッドの装着検査
出身高校 県立 豊橋工業高校・電子工学科
趣味 テレビゲーム、パソコン
性格 気まぐれ、御都合主義

1生産課の装置検査グループでヘッドの装着検査分の好きなペースでやったり、作業手順を遵守できず、上司から怒られたことも多々ありました。今思うと、社会人としての意識が欠けていたのですが、上司の指導もあり、入社後数カ月でだんだん意識が変わっていきました。

ヘッドの装着検査では、ヘッドを機械に組み込み実装させて、チップを打った時の装着精度などを検査しています。座標位置をとって、X軸とY軸の角度などをみて、基準を満たしているかどうかを判別しています。不適合品が出た場合は、前工程グループに戻しますが、そのまま戻すわけにはいかないので、なるべく原因解明をするように努めています。

入社してからヘッドの組み付け作業などを経験せずに、いきなり検査に来たので、最初はどんな製品かもよくわからないまま検査をしていました。組み付け経験がある人と比べると、今もまだ製品知識が乏しいので、部品に不良があったりすると原因を探るのに苦労しています。検査は、不良品を出さないための最後のとりでなので、責任も重大。でも、その分やりがいも大きいです。数字を記憶するのが得意なことは、製品のシリアル番号を間違えずに記載することに役立っています。

作業スキルなど、日に日に向上していくことに、自分自身の成長を感じ、自分の意識ひとつで仕事の進め方が変わることを実感しています。社内は自分の意見も取り入れてくれるので、常に作業効率や、よりよい方法を考えています。これからも改善活動を積極的に進め、定時内で効率良く仕事が進むよう努めていきたいです。

Q&A

この会社を選んだきっかけ
自宅が校区内にあり、中学の通学路で毎日、会社の前を通っていて興味を持ったことがきっかけです。そこから、高校に求人票が来ていて、精密機器の組み立てなどを行っていると知り、自分もここで働くことを決めました。毎日、自転車で通勤しています。
社内の雰囲気、社内イベントなど
3カ月に1度ぐらいの頻度で自由参加の社内行事があるので、イベントが好きな人には楽しめる会社だと思います。社長が常々「まずは自分から挨拶をするように」と呼びかけているので、社員同士あいさつはよくできていると思います。入社当初もみんなから話しかけてくれたのをおぼえています。
現役高校生へメッセージ
仕事でパソコンは必ず使うと思うので、スキルとしてエクセルやパワーポイント、ワードなどは慣れておいた方がいいと思います。僕は趣味でパソコンをやっていたので違和感なく取りかかることができました。また、仕事をスムーズに進めていくためにも、人の話をちゃんと聞き、学ぶ時はメモなどを取り、分からないことは質問する習慣をつけておくといいと思います。

企業情報

会社名 株式会社エデックリンセイシステム
所在地 愛知県豊橋市西幸町字浜池 331番地9
TEL 0532-29-4133
FAX 0532-29-4130
HP http://www.edeclinsey.jp
設立 1992(平成4年)11月
資本金 4,000万円
代表者 代表取締役社長 安田公彦
売上高 103億4,100万円(2019年3月期)
事業所・支社・支店 本社・工場(豊橋)、二川工場(豊橋)、東京営業所(東京)
おもな取引先 株式会社FUJI
(株)アドテック富士
(株)NEXAS
(株)嶋田鉄工所   など
従業員数 131名
おすすめの記事