トップインタビュー

毎日が SHIN-KA する



松栄電工株式会社 代表取締役社長 松田佳久

松栄電工は自然豊かな新城市で、みなさんが一度は見たことがある自動内部の様々な部品を製造してきました。松栄電工は、今、変革期を迎えています。

これまでも「日に新たに、日々に新たに」を社是として歩んできましたが、さらなる進化を目指し、新たに「毎日がSHIN-KAする」をスローガンに掲げ、若手社員の力を糧に会社を変えていきたいと動き始めました。仕事にやりがいがあれば、必ずと人生が充実し、幸せになれると考えています。地元にこだわり、夢は世界へ。時代の波を乗り切り、「自分を変え、組織を変え、世界を変える」ことを目指しています。

松栄電工株式会社の先輩にインタビュー

結婚しました。これからもずっとここで


鈴木 怜奈さんさん

所属部門 技術部門
年齢 20歳
勤続年数 3年目
主な仕事 量産前の試作品の検査
出身高校 愛知県立 田口高校
趣味 キャンプ
性格 明るい

北設楽郡設楽町に住んでいるので、車で40分の当社を選びました。高校は今の仕事とは関係がない林業科。仕事は全てが0からのスタートでしたが、上司にも恵まれて乗り越えられました。技術部門は10人ほどのこじんまりした職場なので、密接に関わり合い、紅一点の私を気遣ってくれます。やりがいは自分で考えて行動させてもらえること。だからこそ任さられた仕事は、責任を持ってしっかりできるように頑張っています。

プライベートでは昨年10月に地元の同級生と結婚しました。家族の協力もあるので、両立に苦労はしていません。これからもずっとこの職場で働くつもりでいます。実は2つ下の妹も今年、当社に就職したんです。姉妹揃って働けるなんて、とても心強いですね。

良かったこと・学んだこと

社会人になって学んだことは、コミュニケーションの大切さです。人と話すことが苦手だった私も初めは戸惑いましたが、多くの方々と話すことでコミュニケーションが取れるようになりました。社会に出ると色々な年代の方と交流でき、知識が広がって楽しいです。

10年後は保全のプロフェッショナルに


松浦 天志さん

所属 製造部門コードグループ
年齢 20歳
勤続年数 3年目
主な仕事 コードに使われる前の電線をカプラに刺すための端子の取り付け
出身高校 愛知県立 豊川工業高校
趣味 アーティストのライブ、車のドライブ
性格 明るい

ワイヤハーネス作りのもととなる大切な仕事なので、作った製品の検査などしっかりとすることが重要です。コードの切断作業は神経を使います。同じグループには16人がいますが、皆年上ばかり。ただ、1つのラインのまとめ役を任されているので気を張って仕事をしています。班長は優しく、失敗をきつく叱られたことがありません。逆に「気をつけなければ申し訳ない」という気持ちになります。

実は1番やりたい仕事は機械の保全です。機械の不具合を見つける作業です。できることなら悪くなりそうなところを前もって見つけ出し、止まってしまう前に修理したい。考えるだけでもワクワクします。そのために勉強をしています。理想は10年後、どこの部署にいても機械を直せる人になっていることです。

良かったこと・学んだこと

工業高校出身で機械に触るのが好きだったので、この部署に配属されて圧着機やAPLなどの刃の交換や調整など、色々触ることができて良かったです。東海理化さんに勉強に行かせてもらい、ネジの締め方などの基礎も教わることができ、すごく勉強になりました。

企業情報

会社名

松栄電工株式会社

所在地

441-1634  新城市長篠字広面11-5

TEL 0536-32-0561
FAX 0536-32-1880
HP https://shoeidenko.co.jp/
設立 1970年
資本金 7,462万円
代表者 代表取締役社長 松田佳久
売上高 46億円(2018年6月期)
事業所・支社・支店
グループ・関連会社 (株)松田電機工業所・Matsuda Denki(Thailand)
主な取引先 (株)デンソー・アンデン(株)・日立金属(株)・(株)松田電機工業所(東海理化(株))・京三電機(株)・(株)ミズショー
従業員数 210名
許認可類

ISO9001:2000 認証取得

ISO14001:2004 認証取得

おすすめの記事