トップインタビュー

全ては患者様のために


医療法人 積善会
理事長 近藤 貴久

わが国は超高齢化社会を迎えており、今後も長年にわたってこの傾向は続いていくものとされています。
医療の進歩に伴い平均寿命は延びていますが、患者様本人、ご家族の日常生活の向上に反映されているのかと問われれば疑問です。
従来の国内での医療体制では、急性期の病状治療は、外来もしくは一般病棟で担い、安定した病状となった段階で入院が必要であれば、他院の療養型病床へ転院するケースが一般的でした。
しかしそこには、転院による環境変化に伴うストレス、長期入院に伴うADL(日常生活活動度)低下など、患者様に対してさまざまな問題が付随しています。
当法人ではそのような問題に対して、療養型病院の可能性を広げていくというコンセプトから、役割の違う4つの医療機関(積善病院、積善クリニック、第二積善病院、蒲郡東部病院)を運営することにより、さまざまな病状の患者様の受け入れを可能とし、患者様本人の負担軽減、ご家族の日常生活の向上にできる限り努めていきます。
患者様、ご家族に信頼され安心できる医療法人として、社会に貢献してきたいと思います。




医療法人 積善会の先輩にインタビュー

資格取得の勉強とともに、自立した生活を送っています

年齢 25歳
勤続年数 7年目
部署 5病棟所属看護師
資格 准看護師資格
主な仕事 日々の看護業務
出身高校 沖縄県立 具志川商業高校
趣味 バイキングの食べ歩き
性格 おとなしい
沖縄の高校でこちらの病院の看護師を募集していたので、正看護師の資格を取得するために沖縄から豊橋に来ました。
病棟で働きながら専門学校に行き、資格取得の勉強をしています。
故郷を離れて生活を送る中で、私は自立し成長できたと思います。
現在は、自分の手で生きていける自信が身につきました。
正看護師を目指して資格取得の勉強をしながら実際に病院で働くことで、看護の技術も向上しました。
患者の方の鼻からチューブを差し込み、たんを吸い出す「吸引」が難しく危険が伴うのですが、働いている実際の現場で学んだことが学校での勉強にも生かせている点は良かった部分ですね。

良かったこと・学んだこと
正看護師の資格を取得するため、沖縄から豊橋に来て病棟で働きながら学んでいます。
故郷から遠く離れて生活を送る中で、自立し成長できた部分が収穫です。
高校を卒業してから不安が多かったのですが、現在は、自分の身ひとつで生き抜いていく自信があります。

現場でいつも、人の気持ちを学んでいます


森下 琳彩さん

年齢 25歳
勤続年数 7年目
部署 3病棟所属看護師
資格 准看護師資格
主な仕事 日々の看護業務
出身高校 私立 藤ノ花女子高校
趣味 読書
性格 明るくてやさしい
高齢者の方は、血管が細くうねうねと蛇行している人が多い上に、認知症だったりすると注射時に動いてしまい、経験を積んでいても、しっかりと定まった注射をするのは難しいです。
痛くないように打つのは1回で済ますことを心がけており、患者の気持ちを常に気にかけて日々学んでいます。
病棟には高齢者の方が多く、亡くなっていく人も多くいます。
人の死を身近に感じますし、過去の経験談などを聞いたり話したりして親しくなった人が亡くなるのはつらいことですね。
そういう場合にはいつも、自分がこうしてあげれば良かったのでは、と悔やみます。
でも、最期を「良かった」と言ってもらえるような患者様との関わり合いを、業務の中でいつも心がけて学習しています。

良かったこと・学んだこと
病棟には高齢者の方が多いのですが、人生でいろいろな経験をしているので、その人の過去の話を聞いたりできるのは良いですね。話を聞いているうちに親しくなり、さまざまな人と関わり合うのは楽しいです。不安や苦しみを和らげてあげられているといいですね。

<

企業情報

会社名 医療法人 積善会
所在地 〒441-3151 愛知県豊橋市二川町字北裏1番地17
TEL 0532-41-0800
FAX 0532-41-0726
HP http://www.sekizen-hp.or.jp/
創業 2001年4月1日
設立 2001年4月1日
資本金 4億円(出資額)
代表者 理事長 近藤 貴久
売上高 計上なし
事業所・支社・支店 積善病院、第二積善病院、積善クリニック、蒲郡東部病院
取引先 一般個人
従業員数 830人(男200、女630。2018年8月時点)
おすすめの記事