トップインタビュー

200年企業をめざす「幸せCompany!」


ヤマサちくわ株式会社 代表取締役社長 佐藤元英

ものをつくる現場とともに、お客様に直接商品を売る現場も大事にしています。
ものがあふれ、人口が減少していくなか、確実に生き残っていくためには、気づきのある人たちの力が必要です。
いくらいいものを作っても、それをきちんと伝えられなければ売れません。
きちんと伝えるために、お客さまと接する現場での教育に力を入れています。
長い歴史のなかで構築されてきた「ヤマサちくわ」というブランドを、次の時代につなげていくためには、社員一人ひとりがこれまで以上に「ヤマサちくわ」にシンパシーをもって仕事に取り組むことが大事だと考えています。
「ヤマサ夏祭り」をはじめ、多くのイベントを開催しておりますが、これは、お客様や地域の人たちとつながるため、社内の士気を高めるために、重要な役割を果たしています。
こうしたイベントにも積極的に取り組むことで、社員同士が同じ意識を持ち、一丸となって行動する、まるで一つの家族のような会社でありたいと思っています。
企業理念は「ヤマサちくわは幸せCompany!」。
社員一人ひとりが幸せになり、会社は社会に幸せを提供し、お客様ひとり一人の幸せの増進をめざしています。


ヤマサちくわ株式会社の先輩にインタビュー

自分にしかできない仕事をもつ職人をめざしています。


平野晃一さん

製造部製造一課 年齢 19歳
勤続年数 2年目
主な仕事 すり身の型成
出身高校 愛知県立三谷水産高校
趣味 カードゲーム
性格 やさしい
食べることが好きだったことから、水産高校の食品科に進みました。
ヤマサちくわにも興味を持ち、工場見学に来たところ、想像していた工場と違っていたので驚きました。
ライン作業ではなく、一人一人が役割をもって仕事をしている、こういう働き方がいいなと思いました。
入社1年目は、すべての行程を体験しました。
職人をめざすにしても、モノづくり全体をわかっていないといけません。
正式に今の部署に配属されてからは、先輩に付いて仕事を覚えます。
工場には、120人の職人がいますが、すり身の品質を作り出す一番大事な塩の添加ができるのは6人ほど。
自分もこの6人に少しでも近づけるように技量を身に着け、自分にとっての唯一無二のものを見つけていきたいと思っています。

良かったこと・学んだこと

200年近く続いてきたヤマサちくわの品質は、職人さんたちの技と知恵によって作られてきたことを知りました。
その製造部の一員として仕事ができることにやる気が高まります。

笑顔で話し、お応えできるように頑張っています


大城結花さん

豊橋営業部 音羽インター店 年齢 18歳
勤続年数 1年目
主な仕事 接客、商品だしなど
出身高校 私立藤ノ花高校
趣味 K-POP音楽鑑賞
性格 おおらか
人と接することが好きで、販売に興味がありました。
ヤマサちくわを選んだのは、地域の人たちとの関わりが強いというところに魅力を感じたからです。
研修のときに、ヤマサちくわの歴史とともに、食品の扱い方や衛生管理の勉強もし、製品がどのようにつくられるかを知るための工場見学もします。
その後、本店で販売を経験し、音羽インター店に配属されました。
販売の仕事は、お客様に商品について聞かれることが多く、先輩のお客様への受け答えを参考にしながら、自分のことばで答えるようにしています。
今目標にしているのはお店の先輩です。
お客様にも業者さんにも変わらない笑顔で、楽しそうに話している様子を身近で見て、自分もそうなりたいとあこがれています。

良かったこと・学んだこと

学生のころはのんびりしていたので、社会人になって働くことの厳しさを、先輩の仕事から笑顔の大切さを学びました。
お客様に「ヤマサは美味しい」と言われるとうれしいです。

ヤマサちくわについてもっと知っていただきたい、そんな思いで仕事をしています


保母優花さん

経理部経理課 年齢 19歳
勤続年数 1年目
主な仕事 スーパーの伝票整理
出身高校 愛知県立豊橋商業高校
趣味 音楽鑑賞
性格 活発
地域の老舗で働くことに魅力を感じ、ヤマサちくわの事務職として入社しました。
受付や電話応対、工場見学に来られた方の案内や、小学生のための出前教室の準備や当日のスタッフとしての仕事などもあります。
お客様と直接接する機会が多くあることからヤマサちくわの事務職は、営業的な役割も必要とされます。繁忙期の店を手伝ったり、イベントに参加したり、こうした機会にも、ヤマサの一員として、しっかりと振舞えるように心掛けています。
もちろん事務能力も求められるので、経理の仕事はプロフェッショナルとしての意識をもって取り組んでいます。

良かったこと・学んだこと
対応の仕方ひとつで相手に与える印象がかわることや、あいさつの重要性を学びました。
ちくわ教室で子どもたちが興味を持って参加してくれた時はうれしく、達成感を感じます。

企業情報

会社名 ヤマサちくわ株式会社
所在地 〒440-0086 豊橋市下地町橋口30-1
TEL 0532-52-7139
FAX 0532-56-2789
HP https://yamasa.chikuwa.co.jp/
創業 1827年
設立 1940年
資本金 1億円
代表者 代表取締役社長 佐藤元英
売上高 43億円(2018年3月期)
事業所・支社・支店 本社工場、魚町本店、長久手配送センター、広小路でんでん、他
グループ・関連会社 専門学校 中部ビューティ・デザイン・デンタルカレッジ
学校法人利幸学園 中部コンピュータ・パティシエ・保育専門学校
従業員数 340名
おすすめの記事